酸ヶ湯温泉(青森)

酸ヶ湯温泉(青森)

東北温泉情報なびトップへ

酸ヶ湯温泉情報

 雲上の霊泉という別名を持つ酸ヶ湯温泉(旅館)は、十和田八幡平国立公園の北部、八甲田山中腹にあり、その標高は約900mです。

 酸ヶ湯温泉名物「ひば千人風呂」は有名で、その名のとおり千人入れるほど広い浴槽があります。大浴場の入り口から大きく高い階段を下りて浴槽というつくりになっています。

 開湯は江戸時代です。手負いの鹿が傷を癒したことから鹿湯(しかゆ)、それが変化して酸ヶ湯(すかゆ)になったといわれています。

 建物はとても大きく、一つの旅館というにはあまりに大きな印象を受けました。大浴場の浴槽は高温の「熱の湯」と、ぬるめの「四分六分」、打たせ湯があります。脱衣所は男女別ですが中は混浴です。

 大浴槽には半分の位置あたりに男女の仕切りの目印が示されています。混浴のマナーの問題が議論されていて、「混浴を守る会」ができ混浴マナーの向上に努めている有志の方もいらっしゃいます。酸ケ湯温泉混浴を守る会という会で、会員数は1万人以上です。

 また、浴場で体を洗っている人は見かけませんでした。ボディーソープなどが全くあわ立たないという理由からだそうです。また、湯治の場合せっかくのお湯の成分を体から流してしまうのはよくないからだとも言われています。

所在地
 〒030-0111青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50番地
 TEL 017-738-6400

サイトURL
 http://www.sukayu.jp/

日帰り温泉
 時間 7:00〜17:30
 入浴料金 大人600円 子供 300円

源泉名
 酸ヶ湯温泉(熱の湯)

泉質
 酸性・含二酸化炭素・鉄・硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)

泉温
 52.3℃、 pH2.17

 酸ヶ湯温泉名物「ひば千人風呂」ですが、日曜日だったこともあり、非常に混雑していました。大型バスの団体客の方たちと同じになり、脱衣所も込んでいました。人気ぶりは、さすが有名温泉旅館という感じがします。

 聞くところによると、日曜日に限らず混雑しているということでした。

 酸ヶ湯温泉の宿泊客は湯治目的の人が多いため、たとえ宿泊してもいついっても人がいる状況だそうです。 他に内湯が一つあり、そこは玉の湯といいます。浴槽は5〜6人くらいが入れる広さです。二つあり男女別なのですが、私が行った時は二つとも女性用となっていました。

 酸ヶ湯温泉旅館から数分歩くと、「まんじゅうふかし」と呼ばれるところがあります。温泉の湯気を利用したベンチで、寝転がったり座ったりすると気持ちがいいのです。95℃のお湯が、ベンチとなっている桶の中を流れているのです。「まんじゅうふかし」のほか「じごく沼」も温泉地ならではの地形で、火口湖に温泉がたまってできた沼です。現在も火山性ガスや熱湯が沸いている異様な光景があります。

東北温泉情報なびTOP

ふろパパの読み物

温泉読み物〜初級編〜
温泉読み物〜中級編〜
温泉読み物〜上級編〜
温泉読み物〜場外編〜

ふろパパって?

リンク集

掲示板

愛用機紹介!

↓サイト内の検索はこちらから↓

〜青森県〜

〜秋田県〜

〜岩手県〜

〜宮城県〜

〜山形県〜

〜福島県〜

〜群馬県〜

〜埼玉県〜


TOPページ

温泉読み物〜初級編〜【日帰り温泉】【源泉にこだわる】【温泉の泉質】【温泉の効能

温泉読み物〜中級編〜【湯治】【温泉宿】【温泉宿泊予約のコツ】【温泉の浴衣

温泉読み物〜上級編〜【絶景の温泉】【秘湯めぐり】【美人の湯】【野湯

温泉読み物〜場外編〜【銭湯と温泉】【スーパー銭湯】【温泉卵】【岩盤浴】【眠気を覚ます】【温泉ランキング】【カーナビと温泉

Copyright (C) 東北温泉情報なび  All Rights Reserved