源泉にこだわる

〜源泉にこだわる〜

東北温泉情報なびトップへ

源泉かけ流し

 源泉とは、言葉の意味は字の通り源(みなもと)のことですが、実際は温泉施設内に源泉が存在しているものをいいます。

 「かけ流し」とは、お湯を源泉からそのまま流して温泉施設に供給し、古いお湯を循環させず、排出しているものをいいます。
 ですので、「源泉かけ流し」とは、源泉から引いたお湯をそのまま浴槽にため、お湯は循環させていない温泉のことです。
 湧出量が豊富な源泉を持っている温泉でないと、できないですよね。かけ流しにはこだわる方も多く、お湯の使い方の贅沢さが温泉の楽しみの重要なポイントになっているようです。

源泉と温泉?

 昭和23年に制定された温泉法で、「地中から湧出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスをのぞく)で、
 1.温泉源から採取されたときの温度が25℃以上のもの

または

 2.別に定められた19種類の成分(イオウなど)が1つ以上、規定量以上含んでいること」を満たすものが正しい温泉ということになります。

 源泉で25℃以上の普通のお湯でも温泉、25℃以下でも規定のイオンを含むものも温泉ではないかと思われることもありますがこれもちゃんとした温泉です。

源泉へのこだわり

 温泉好きの方なら、「源泉100%」にこだわる方は多いのではないでしょうか。
 温泉は源泉によっては非常に高温(90℃など)なものがあり、入浴できる42℃くらいに温度調節をしないといけません。熱すぎるからといって家庭のお風呂のように水を足してしまうと温泉の成分が薄れて入浴効果が低くなってしまいますよね。
 なので、「熱交換方式」で源泉を薄めることなく温度調節をしている温泉が多いです。

「熱交換方式」とはその名の通りで、例えば川からくみ上げた冷水に熱い源泉が通るパイプを通して源泉を冷ます等の仕組みのことです。

源泉の名前について

 源泉名というものがあります。これは温泉の所有者が申請して決まります。
 源泉は複数あることもあり、温泉地などでは、浴槽ごとに「源泉名」が書かれます。なので源泉名が複数の混合であったりすることもあります。

源泉の分類

 源泉が湧出してくるところの温度で4種類に分類されます。
 源泉が42℃以上のものを高温泉、34℃から42℃のものを温泉、25℃から34℃までのものを低温泉、25℃未満のものを冷鉱泉といいます。

源泉を掘り当てる

 有名な温泉地は、自噴の温泉でした。国の掲げた「ふるさと創生資金」事業以来、温泉掘削ブームが始まり、それと同時に掘削技術も進みました。

 よく、1000メートル掘るとどんなところでも温泉が出ると言われますが、その1000メートルを掘削するのに数千万円という費用でできます。もちろん、温泉掘削はその位置などもプロに判断してもらう必要はありますが。

 源泉を掘り当てたい方もたくさんいます。自分の財産を温泉掘削にかけて、見事掘り当てた人や、掘り当てられなかった人などがいます。

 情熱をもって掘削した方の温泉というのはそれだけで、入浴していて価値があるきがします。温泉には、いろんな夢がありますね。

源泉という言葉

 源泉、を辞書で調べると、
 1.水がわき出るもと。みなもと。
 2.物事が発生してくるもと。とあります。

 温泉の「源泉」の意味はもちろん1.ですが、2.の使われ方もよくされています。よく聞く言葉「源泉徴収」「○○の源泉」などは、2.の使われ方ですよね。
 ○○の源泉、という言葉が良く使われるのは、それだけもとになるものが重要だったり大事だったりするという考え方から来るものではないでしょうか。

東北温泉情報なびTOP

ふろパパの読み物

温泉読み物〜初級編〜
温泉読み物〜中級編〜
温泉読み物〜上級編〜
温泉読み物〜場外編〜

ふろパパって?

リンク集

掲示板

愛用機紹介!

↓サイト内の検索はこちらから↓

〜青森県〜

〜秋田県〜

〜岩手県〜

〜宮城県〜

〜山形県〜

〜福島県〜

〜群馬県〜

〜埼玉県〜


TOPページ

温泉読み物〜初級編〜【日帰り温泉】【源泉にこだわる】【温泉の泉質】【温泉の効能

温泉読み物〜中級編〜【湯治】【温泉宿】【温泉宿泊予約のコツ】【温泉の浴衣

温泉読み物〜上級編〜【絶景の温泉】【秘湯めぐり】【美人の湯】【野湯

温泉読み物〜場外編〜【銭湯と温泉】【スーパー銭湯】【温泉卵】【岩盤浴】【眠気を覚ます】【温泉ランキング】【カーナビと温泉

Copyright (C) 東北温泉情報なび  All Rights Reserved