ふろパパって?

ふろパパって?

東北温泉情報なびトップへ

ふろパパって?〜管理人プロフィール〜

 1976年秋田県生まれ。子供がうまれてふろにいさんから改め、ふろパパになりました!

 実家の近くは温泉が比較的多い地域です。物心ついたころは、○○健康センター、○○ヘルスセンターといった今ではなつかしさもあるネーミングの温泉がはやった時期。ときどき家族で温泉に行っていました。とくに父親は大の温泉好きで、家のお風呂には入らず外の温泉に行く方が多いくらいでした。

 幼少のころの私といえば、「温泉」って、どうしてぬるぬるしているんだろう、消毒の塩素臭のするきれいなお湯に入りたい!!と思っていました。お湯のきれいさという意味では、家のお風呂のほうが好きでした。

 大きくなって就職してしばらくして、温泉好きの父が入院したことがありました。

 私は病院の父に付き添いで泊まったことが何度もありました。病院に一般のお風呂はありませんから、病人に付き添うと入浴に不自由します。

 そこで、病院の近くに温泉があったので行ってみました。その温泉の気持ちいいことといったら、たまりませんでした。そのときの気持ちは忘れることができません。

 そのとき初めて、風呂好きの父がどうして家の風呂ではなく外のお風呂に入りたがるか、が理解できました。

 大人になって初めて理解できた、という感じがしました。

 数ヶ月父は入院しましたが、そのまま大好きな風呂に入ることなく、他界してしまいました。

 しばらくはいろいろと忙しかったのですが、ある程度落ち着いたあるころから、母、そして私は、なんとなく平日の仕事帰りや休日に温泉に行くようになりました。

 同居していた祖父母も誘って、今週末はあそこへ行こう、などと決め、温泉を訪れるます。
 母にいたっては、家のお風呂に入ることがほとんどないくらいにまでなりました。まるで父親がのりうつったかのように、です。

 そして私ふろにいさんにいたっても、車の中に温泉入浴セットを常備し、いつでも入浴できるよう準備しています。子供のタオルと着替え、妻のタオルも常備です。こうすることで、お休みの日は、帰ってからお風呂に入らなくても良いので楽になります!

 私は現在は関東在住ですが、東北に帰省する際や、忙しい合間を縫っての温泉めぐりをしたいなといつも思っているところです。子供と一緒だと、どうしても長湯できず、今は小さい子供たちが一人でお風呂に入れるように成長することを願いつつ。

子供がいると、孫が同じくらいだよ、と声をかけてくれるおじさんなどがいて、会話も楽しいです。おふろの楽しみが増えた感じですね。

■■サイト閲覧等について■■
 画像への直リンクはご遠慮願います。
 私に著作権のある画像や文章をウェブ(ブログ・掲示板も含む)または出版物等で利用・転載される場合は必ず事前にメールにて許可を得た上でご使用下さい。

東北温泉情報なびTOP

ふろパパの読み物

温泉読み物〜初級編〜
温泉読み物〜中級編〜
温泉読み物〜上級編〜
温泉読み物〜場外編〜

ふろパパって?

リンク集

掲示板

愛用機紹介!

↓サイト内の検索はこちらから↓

〜青森県〜

〜秋田県〜

〜岩手県〜

〜宮城県〜

〜山形県〜

〜福島県〜

〜群馬県〜

〜埼玉県〜


TOPページ

温泉読み物〜初級編〜【日帰り温泉】【源泉にこだわる】【温泉の泉質】【温泉の効能

温泉読み物〜中級編〜【湯治】【温泉宿】【温泉宿泊予約のコツ】【温泉の浴衣

温泉読み物〜上級編〜【絶景の温泉】【秘湯めぐり】【美人の湯】【野湯

温泉読み物〜場外編〜【銭湯と温泉】【スーパー銭湯】【温泉卵】【岩盤浴】【眠気を覚ます】【温泉ランキング】【カーナビと温泉

Copyright (C) 東北温泉情報なび  All Rights Reserved