美人の湯

〜美人の湯〜

東北温泉情報なびトップへ

美人の湯とは

 女性ならずとも絶対チェックしたい美人の湯

 日本三大美人の湯と言われるのは、和歌山県の龍神温泉、島根県の湯ノ川温泉、群馬県の川中温泉です。

一般に美人の湯と呼ばれるものは炭化水素塩泉で、美肌効果があり肌がきめ細やかにつややかになる、という効果があるとされています。

 アルカリ性の温泉は湯から上がると肌がつるつるになります。ちょうどせっけんのような効果があります。アルカリ性の湯が肌の角質を分解して、すべすべ効果を発揮します。

龍神温泉

 和歌山県の緑豊かな護摩壇山に近い日高川に近くの山間にある秘湯です。
 1300年の歴史があります。弘法大師が難陀龍王の夢のお告げによって開いたことから龍神温泉の名がつきました。また、のちに徳川家別荘地として発展した格式の高さが今も残る温泉です。
 無色透明でラジウム放射量の豊富なナトリウム炭酸水素塩泉(重槽泉)です。

湯ノ川温泉

 島根県の宍道湖西部、三方を山に囲まれた田園地帯ある温泉です。その昔、出雲の国の大国主命(オオクニヌシノミコト)と恋に落ちた稲羽の国(鳥取県)の妃である八上姫(ヤカミヒメ)が、大国主命を慕って出雲に向かうために宍道湖を舟で渡っている時、南方の山の谷あいに湯けむりを見つけました。
 美しい女神八上姫は、そこで湧き出ているお湯で旅の疲れを癒し、いっそう美人神になったと言い伝えられています。
 しかし八上姫は出雲に着くと大国主命の妻であった須世理姫(スセリヒメ)に追われてしまいます。傷心し稲羽に戻る途中にこの湯で疲れを癒しました。

 ”火の山の ふもとの湯こそ 恋しけれ 身をこがしても 妻とならめや”

多量のホウ酸を含むお湯に美白効果があるとされています。日本最古の「古事記」に登場するこの伝説。縁結びの神社として知られる「八上姫神社」も近くにあります。

川中温泉

 群馬県の山間部、吾妻渓谷近くに位置しています。
 その昔、草木が生い茂る山中の沢の中からお湯が湧いたことが名前の由来です。

 源頼朝の家臣が入湯したともいわれ、鎌倉時代以前に発見されたという説もあります。渓流のせせらぎ、温泉から見える景色はすばらしいものがあります。源泉温度は36度くらいと低く、加熱はしていますが熱くないので長湯にはとてもいいです。

 美人の湯に長く浸かれるというのはうれしいことですね。

美人の湯は全国にたくさんあります

 美人の湯、と一言にいっても、正直なところ美人の湯とはよく聞く話で、どうして美人の湯なのか、とか改めて考えたことはありません。。

 美人おかみがいる温泉、肌がきれいになる温泉など・・。
 細かいことはぬきにして、温泉は美肌に非常に効果がある、ということです。これは多くの人が経験していることではないでしょうか。
 「美人の湯」といわれていない温泉でも、入浴後肌が信じられないくらいすべすべして気持ちが良いことが良くあります。

東北温泉情報なびTOP

ふろパパの読み物

温泉読み物〜初級編〜
温泉読み物〜中級編〜
温泉読み物〜上級編〜
温泉読み物〜場外編〜

ふろパパって?

リンク集

掲示板

愛用機紹介!

↓サイト内の検索はこちらから↓

〜青森県〜

〜秋田県〜

〜岩手県〜

〜宮城県〜

〜山形県〜

〜福島県〜

〜群馬県〜

〜埼玉県〜


TOPページ

温泉読み物〜初級編〜【日帰り温泉】【源泉にこだわる】【温泉の泉質】【温泉の効能

温泉読み物〜中級編〜【湯治】【温泉宿】【温泉宿泊予約のコツ】【温泉の浴衣

温泉読み物〜上級編〜【絶景の温泉】【秘湯めぐり】【美人の湯】【野湯

温泉読み物〜場外編〜【銭湯と温泉】【スーパー銭湯】【温泉卵】【岩盤浴】【眠気を覚ます】【温泉ランキング】【カーナビと温泉

Copyright (C) 東北温泉情報なび  All Rights Reserved